赤ちゃんの手形・足形を上手にとるコツ

with コメントはまだありません
2018/04/20

tocoche(トコシェ)のクロスです。

おかげ様で、tococheの「手足形入り メモリアルフォトフレーム」がたくさんの方に支持いただき、
楽天のランキングでも度々1位を獲得しています!
本当に皆様のおかげです、ありがとうございます😆😆😆

 

この商品には手足形をとるキットが付いているので
そちらでお子様の手足形を取り、tococheまで送っていただきます。
その取っていただいた手足形をデザイナーが印刷用のデータに加工し、フォトフレームを仕上げています。

 

 

そんなわけで毎日、たくさんの赤ちゃんの手足形が「フォトフレームにしてくれー」と会社に届きます。
思わずガブリといってしまいたくなる小さな手形に、これは将来大物になるぞ的な風格を備えた足形など
それはそれは個性豊かで、見ているととても幸せな気持ちになります💖

 

だが、しかし
手足形はそんなほんわか話だけではないんです。

 

小さいけれど、可愛いけれど、ほんっっっっっっとうに赤ちゃんの手足形を取るのは大変!!なんです。

 

それは台紙を見れば一目瞭然。
そこには可愛いベビーの手足形との格闘のあとが滲み出まくっています。

 

かすれにかすれた手形、べっとりとついた親御様の指紋、
「上手く取れなかったんです、これで大丈夫でしょうか?」のコメント。
手足形を取る苦労を知っている私としては涙なくしては見られない用紙なのです。

 

ふにゃんふにゃんでどう支えれば良いか分からない体、
なんでそんな頑ななんだよ、とつっこみたくなる開かない手、
前触れなく突然悪くなる機嫌。

 

すべてが手足形を取るのに向いていないんです。
私も取る前は「ただコロンとしている赤子の手足形とるなんて楽勝!」って思っていましたが
本当になめてかかってすみません、という気持ちになりました。。。😭😭

 

そこで、どうやれば取りやすいかのコツを少しお話できればと思います。
(ここでようやく本題、前振りが長いですね、気を付けます)

 

まずは、ババン

「2人で協力して取ろう!」 です。

 

コツでもなんでもないですね、マンパワーに頼りましょうということです。
2人体制をとれるのであれば作業はぐっとやりやすくなりますよ!
特に手形は1人が赤ちゃん担当、1人が用紙押し付け担当と分けないと難しいと思います。

 

あとは手形を押す台紙を何か平らで硬いものに固定しておくと取りやすいです。
ハードカバーの本や、木の板などに台紙を貼っておき
それを赤ちゃんの手に押しつけて取ります。
台紙がくしゃっとならないのでいくらか取りやすいです。

 

赤ちゃんのご機嫌取りも忘れてはいけません。
お腹いっぱいでご機嫌なときがいいですね。
足形だけなら寝ているときでも取れると思いますが
手形は起きているときでないと難しいと思います。ぜんっぜん開かないんでね、手。

 

ああ、むずかしそう。。。と思ってしまったあなた!
心配いりません、「失敗したって大丈夫!」です。

 

tococheの手足形採取キットはパイロット様のものなのですが
何回も取り直しができます。気楽な気持ちでトライしてみてください。

 

そして、どうしてもうまくいかなくても大丈夫です。
tococheのデザイナーが一つ一つ丁寧に補正します。
希望がある場合は台紙に細かく指示いただければ対応いたします。
(指紋を再現してください、などお受けできないものもあります)
お気軽にご相談くださいね。

 

子育てはとても目まぐるしく、いつも必死で今を一生懸命になります。
だからこそ何かのおりに振り返ったときにびっくりするのです、
こんなに大きくなったのか、と。

 

赤ちゃんの可愛い小さな「おてて」と「あんよ」
今だけのそのカタチを少し大変な思いをしても何か記念に残しておくことをおすすめします。

 

 

 ✨tococheのメモリアルフォトフレーム✨

 

クロス


Leave a Reply