【コラム】受付でゲストが記帳するアイテムとは

with コメントはまだありません
2018/02/07

結婚式の準備が佳境に入ってくると、たくさんの
「ペーパーアイテム」が必要になることに気づきますね。

 

今回は、ゲストが会場到着後にまず受付で記帳する
『芳名帳(ほうめいちょう)』について見ていきましょう!

 

 

【『芳名帳』って何?】

『芳名帳』とは、式に参列してくださったゲストの方々が
受付にて名前住所を記帳していただく用紙のことです。

 

結婚式だけでなく、企業・ブランドのパーティーやイベント、発表会、個展、式典などの
受付でも用いられるものです。

 

みなさんもきっと一度は記帳をしたことがあるはず。その用紙こそが『芳名帳』です。

 

【なぜ、『芳名帳』が必要なの?】

 

結婚式や発表会なら、そもそも招待客のリストは事前に把握しているはずなのに、
どうして芳名帳が必要なのでしょう。

 

それは、式当日に急な欠席などがあったり主催者は対応に忙しく
実際のゲストを落ち着いて確認をすることが難しいため、
式終了後きちんとゲストを確認するために必要となるアイテムだからです。

 

また、実際にゲスト自身に自分の名前と住所を書いてもらえるので、
改めて正しい情報を知ることができます。

 

式が無事終わった後は、この芳名帳を元に主催者であるカップルや企業は
参加してくれたゲストにお礼ができます。

その場だけでなくその後の関係性を豊かにしてくれるアイテムですね。

 

【記帳する項目は?】

結婚式の場面で、芳名帳は「新郎側」「新婦側」の2か所に置きましょう。

 

基本項目は「名前」「住所」の2つです。
生年月日や電話番号など項目を多くしてしまうと、記帳に時間がかかってしまい、
受付が混雑してしまう恐れがあります。

 

どうしても項目を増やしたい場合や特別なことがしたい時は、一度担当のプランナーさんと相談してもいいですね。

 

また、受付には筆記用具予備の芳名帳なども置いて
受付を引き受けてくれたゲストが困らないように準備しましょう。

 

【tococheから『ブライダル用芳名帳』】

 

tococheが準備している『ブライダル用芳名帳』
「名前のみ」「名前&住所」の2種類!

 

受付が混雑しないような、書きやすさに拘るシンプルなデザインにしました。
お好みでクリップボード(別途費用)をつけて、見た目を豪華にすることをできますよ。

 

 


Leave a Reply