【コラム】結婚式の感動のフィナーレ『花嫁の手紙』はどうする?

with コメントはまだありません
2017/11/21

結婚式のフィナーレを飾るイベントといえば『花嫁の手紙』

 

思っていても言葉にしないと伝わらない気持ちを

一生に一度の結婚式だからこそ、伝えることができる大切な時間です。

気持ちを言葉にすると、つい涙が流れてしまうけど感謝の気持ちは必ず伝わります。

 

でも、いざ書こうとするとなかなか難しいこの手紙。どのように書いていくか一緒に考えましょう。

 

【一般的な基本構成】

 

①書き出し

こちらの書き出しは、「お父さん・お母さん」とご両親への呼び掛けで始まるのが定番スタイルです。

ゲストがいるからとあまり固くなりすぎずいつものように呼んであげましょう。

自分が一番呼びやすい言葉にしてくださいね。

 

②エピソード

ここが一番メインの内容です。

ご両親とどのように過ごしていたのか、自分にとってお父さん・お母さんはどのように見えていたのか、

当時の自分を思い出して書いてみましょう。

内容は自由に決めてください。きっとゲストも幼少期を思い出して共感してくれます。

もし、悩んだならお父さんとはどう過ごしたか、お母さんとはどう過ごしたか

別々に考えて書いてみるといいですよ。

 

③結び その1

エピソードに絡めて、これまでの日々に対する感謝の気持ちを伝えたり、

これから始まるあたらしい生活に向けて新しい決意をご両親とゲストに伝えましょう。

もし、手紙を読み上げる中で涙があふれていてもここは会場全体に向けてきちんと言葉を伝えましょう。

 

④結び その2

新しい家族となる相手のご両親に対して、思いを伝えましょう。

ここでは、手紙を読むのではなく相手のご両親を見ながら言えると気持ちが伝わりやすいです。

また、忙しい中で二人のために来てくれたゲストに対してもお礼を添えるとさらに良いですね。

 

 

【トコシェからおすすめ両親贈呈品】

 

花嫁の手紙の後には、両親へのプレゼントを渡す時間。

結婚式のクライマックスを飾る大切なシーンに『子育て感謝状フォトフレーム』

はいかがでしょうか。

誕生から結婚までの日数と思い出の写真をフォトフレームにして、

お互いのご両親にお渡しすると素敵な思い出になるかもしれません。

 

 


Leave a Reply