【コラム】七五三とは?前撮りはしたほうがいいの?

with コメントはまだありません
2018/08/28
  • 七五三とは?

七五三(しちごさん)とは、その名のとおり7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝い、神社などに晴れ着姿で参拝する日本の伝統行事です。

昔は数え年で行っていましたが、現在は満年齢でお祝いすることがほとんどのようです。

七五三は毎年11月15日に行われますが、平日に家族そろって参拝するのは大変。

そのため今では15日にこだわらず、都合のいい週末に行うことが多いようです。

 

  • 七五三の前撮りとは?

七五三の前撮りとは、七五三の記念撮影をお参りする当日ではなく、事前にすませておくことです。

当日同様に晴れ着を着て撮影します。

 

 

 

  • 当日ではなく、事前に撮影を済ませたほうがいい理由

前撮りで事前に撮影を済ませたほうがいい理由のひとつは、お子さんの機嫌や体力です。

当日に全てを行うとなると、朝早くから着付けやヘアセットをし、

写真撮影、お参り、親戚との会食など、ギュッと詰まったスケジュールに疲れてしまうことは間違いありません。

疲れて機嫌の悪くなったお子さんから、なかなか自然な笑顔はでないもの。

せっかくの七五三なのにいい写真があまり撮れなかった…というケースも。

 

とくに3歳の小さなお子さんは、まだお昼寝の習慣があります。

途中で眠ってしまい、予定が一時中断、という事態もあるかもしれません。

 

前撮りなら、別日程で行うため余裕をもって撮影を済ませることができます。

お子さんの機嫌や体力は撮影が終わるまで持ってくれればとりあえずOK…!

ご両親も気持ちに余裕が持てます。

 

さらに、スタジオによっては前撮りキャンペーン特典でプレゼントなどを行うところもあり、お得に撮影をすることができます。

 

  • 七五三の写真、どう残す?

いくら前撮りキャンペーンがあるからといって、写真館やスタジオで撮る写真は安くありません…

でもプロが撮る写真はキレイですし、やっぱり普段スマホで撮る写真とは違いますよね。

アルバムにしまっておくだけではちょっともったいない気がします。

 

 

トコシェのフォトフレームやキャンバスプリントでは、特別な日のお写真に加えてお名前や記念日をプリントすることができます。

大切な日の思い出を、特別なカタチにしてみるのはいかがでしょうか。

 

 


Leave a Reply